現代社会論

豊かで便利な現代社会が、少しづつ歪んできたことは誰でも感じているはずです。この国が世界に対して何を発信し、何を残そうとしているのか、思いのほどをさまざまな側面から書いてみようと考えました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

グローバル化 9

農業

日本の農業は補助金づけにされて、産業として自立できない生業・家業の段階のまま、ついに崩壊寸前のところまで来てしまった。それでも、そのことについて誰も口出しはしない。政治家の与党も野党も、誰も問題にしようとしないで、自給率39%の日本の農業の解体がすすんでいる。

日本の農業の解体を待っていたのは、食品産業を中心とした大資本である。日本の農業の担い手であった農家が、後継者も無く崩壊した後の農業の担い手として、彼らが浮上してくる。グローバル化で農業の自由化は避けられない。現在の体制で日本の農業は守れないし、グローバル化に対応できない。日本では農産物を大量に生産することは難しいが、付加価値の高い、安全な農生産物をつくることは得意なはずである。現在も株式会社による農業経営は一部認められているが、内容は不十分である。はっきり言って、日本の安全で安価な食料の継続的生産が可能ならば、その担い手は誰でも良い。「日本の農家を守るため」というスローガンはもういらないのではないか。日本の農家ではなく、日本の農業を守らなければいけない時期がやってきた。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanitanitanitani.blog73.fc2.com/tb.php/21-6a88210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

タニタニ

Author:タニタニ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。