現代社会論

豊かで便利な現代社会が、少しづつ歪んできたことは誰でも感じているはずです。この国が世界に対して何を発信し、何を残そうとしているのか、思いのほどをさまざまな側面から書いてみようと考えました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

量から質へ

 トヨタ自動車がGMを追い越して世界第一位の自動車会社になったそうですが、いまさら誰もそのようなニュースで興奮する者も、日本の経済力を自慢する者もいないわけで、「ああ、そうなの」程度の反応ですね。すでに、私達は経済の量的拡大の限界やその先が見えすぎてしまったから、それで私たちの生活が良くなるなんて誰も考えないわけです。

 ヨーロッパの経済を規模の面で追い越したのは、かなり前になりますが、はたして本当に日本はヨーロッパを追い越したのでしょうか。フランスでは自動車の生産量も少ないし、産業用のロボットもコンピュータ付きの機械も日本に比べると著しく少ないわけです。コンビニだってありません。

 でも、造った車の利益率は大きいし、大量生産ではなく出来るだけ手作りで質とセンスのよさを感じさせます。スーパーも店がが早く閉まるのは夜、働くことの異常さを知っているからです。夜は家族全員が揃って食事をするものなのです。それが出来ない国は豊かな国とはいえません。何より町並みの美しさは本当におどろきます。あの美しさを守るためにどれほどのエネルギーと時間とお金がかかっているのでしょう。日本がGDP世界第二位ならば、それに見合った生活をしているのでしょうか。そんなことよりもっと、町並をきれいにするために自分の家や家の周囲をきれいにするところからはじめなければいけません。本当の豊かさを追い求めるために、量より質の生活を求めたいと思っています。  
スポンサーサイト
このページのトップへ

人間と労働

昨日、情報化が職場から人間を追い出してしまうと書きました。それでも完全に人間の労働を必要としないわけではありませんから、ドイツのようにワークシェアリングを導入して、労働時間を少しづつ減らしていけば良いと思うのですが、資本主義社会の企業では経営者との話し合いですから、うまくいくわけがありません。

 情報化が導入されたとき、情報化によって新しい情報産業が発展してくるから、そちらの産業に移動すれば問題ないと言っていましたね。情報産業にそれほど多くの労働力は必要ないですよ。情報産業は基本的に多くの労働力を必要としない産業です。

 それより、労働することを止めてしまった人間はどうなるのか興味があります。人間は労働によって進化してきたからです。二本足で歩行することで手が自由になり、道具が使えるようになった。その後、人間の創った文化は驚くべきレベルの高さに達したわけです。その結果、人間が働かなくても良くなったとしたら、私たち人間は進化を止めてしまうのでしょうか。それとも退化するのでしょうか。一部の人間だけが、進化して多くの人間は退化するのでしょうか。二極化は収入の格差だけではなく、もっと大きな問題をはらんでいるような気がします。

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

情報化と人間労働

以前から問題意識として「情報化と人間労働」について考えてきた。産業革命以来、人間労働の機械化が強力にに推し進められてきた結果として情報化社会が出現したという事実である。人間労働の機械化は合理化・省力化として新しい機械を導入して、労働者を解雇してきた。
 機械化は人間の肉体労働を作業場から開放し、その結果労働者を必要としない無人工場が出現した。私は、こうした資本主義的生産システムの、最後の段階として情報化を捕らえるべきだと考えている。その意味で情報化とは人間の頭脳労働を機械化する過程ではないかと考えている。少数の優秀な頭脳労働者がいれば、会社は自動生産システムで製品を製造することが出来る。

 その結果情報化社会では、あらゆる労働市場から人間が追い出されるということである。企業は「いざなぎ景気」を越えて大きな利益を上げる一方、リストラ、パート、アルバイト、派遣社員など非正規雇用者の増加、正規雇用者に対する締め付けの強化、が行われている。

 この問題について、最近ようやくマスコミも取り上げるようになってきた。『世界』3月号(岩波書店)労働破壊ー再生への道を求めてーでは、この問題を正面から取り上げている。取り上げ方としては物足りないが、これを私たちの社会の大きな課題であることを主張している点は高く評価したい。勝ち組・負け組みなどと暢気なことを言うのではなく、二極化していく現代社会の本質的な原因をはっきりさせて、その対策を模索しなければならない。やがて少数の豊かな階層と多くの貧しい階級に二極分化した社会が出現し「マルクスの亡霊」が現れることになる。
このページのトップへ

再度「いじめ」について

本当に毎日のように「いじめ」について報道されてきました。そろそろマスコミもこの問題に飽きてきたのかな。やや落ち着いてきたようですね。

いじめの実態など簡単に分かるはずがないし、いじめられている本人がどのように感じているのか、分かるものではありませんね。だから有効な対策も立てられないのでしょう。

先ごろの問題は、いじめられた子や、いじめたとされる子が相次いで自殺してしまったことです。なぜ、簡単に命を絶ってしまうのか、本当に悲しいことばかりです。

生きることを教えることが教育の基本です。子供が生まれて生きていくためにいろいろなことを教えます。生きるために食べること、事故にあわないための知恵、働くことなど、すべて生きるために学んできたことです。その生きることを教える教育の場が、命を絶つきっかけになるなんて、なんと悲しいことなのでしょう。
このページのトップへ

少子化社会

 出生率の低下で政府は猪口邦子氏を担当大臣に任命して、その対策を検討しています。でも、あまり良い対策が取れないみたいですね。何かピントはずれというか分かっていないというか、まあ、がんばってください。それにしても、猪口さんは結婚した頃、可愛かったけど、そのままですね。

 なぜ、女性が結婚しないのか、子供を産まないのか、良く考えてみないとこの問題は解決しませんよね。そこで考えられることをいくつか列挙してみました。
 ・結婚する女性は4重苦(仕事、家事、育児、高齢の親の介護)
 ・仕事をやめたら、次に就職したくてもパートしかない。
 ・姓は変わっちゃうし、主婦は脇役って扱い。
 ・子供が自立するまでに一人2千万円かかるんだ。
 以前、結婚式の挨拶で「これからは家庭のことは奥さんに任せて、しっかり仕事をしてください」というのを聞きました。日本の一流企業の管理者ですよ。

 というわけで、こうした問題を社会がどのように対応するかということですよね。数十年後、日本の人口は半減することがはっきりしました。企業は儲けようと思って社員を朝早くから夜遅くまで会社に縛り付けて働かせていますが、そんなことしてたら市場が半分になりますよ。売り上げも半分になりますよ。早く社員を会社から開放してやりなさい。それが一番の解決策ですね。
 


  

テーマ:社会学 - ジャンル:学問・文化・芸術

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

タニタニ

Author:タニタニ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。